» 2015 » 10月のブログ記事

大型家具ってどうすればいいの?→大型家具 引越し

私の自宅には昔使っていた書類や、古い本などが山積み状態になっています。これらがどこかで売れるなら良いのですが、あまりに老朽化が進んでいるし、人によっては全く必要の無い書類だったりするので、当然のように価値はないのです。

そうなってくると、やる事は一つとなります。私が必要ないと思えばすぐに燃えるゴミに処分してしまえば良いのです。それが分かってからは、早めに作業をするようになったのです。
2cc7d778a456d7fc4ea13f50a243c68a_s
ゴミとして一度に捨てるならかなり重くなってしまうので、何回かに分けて処分することになります。本来なら、書類をまとめた物は資源ゴミと分類されるようなのですが、そのような分類の日に分かるように分けてゴミに出すなんてとても手間のかかる事です。

ホコリの乗った書類なので、ゴミが拡散しないように早めにゴミ袋の中に入れて捨ててしまう方が有効だと思うのです。

これらの書類が減る分だけ、引越しの際には移動する量がかなり減ってきます。引越しをする際にはトラックを借りてきますが、そのトラックに書類が大量に載っている状態というのは、私としては意味のない光景なのです。

数年後に使うかも知れない物と、使わない物を早めに分別することが大事です。引越し先には必要の無いものは移動しないようにするのです。

私は以前引っ越し業者に依頼をせずに少しでも費用を安く抑えようと、自力での引越しをしたことがあります。その時いろいろと失敗がありました。
特に荷造りでの失敗はたくさんあって、少しでもラクをしようとして結局余計に手間がかかってしまったことについては後々反省したものです。

238b24597887483194fe03757f866614_s

それは例えばたんすや棚を中身を出さずそのまま運ぼうとしたり、荷物を少しでも減らそうと一つ一つのダンボールに物を詰め込みすぎたといったことです。たんすに洋服を入れっぱなしにして運べば、引越し後に洋服をもう一度整理整頓する手間が省けるなどと思ったのが間違いで、中身を出さずに運ぶとなると重さがかなりのもので、結局は中身を出す羽目になりました。こんなことよく考えれば当たり前のことで、ただでさえたんすや棚は重量があるのに、中身が入ったままで運べるわけがありません。それなのにラクをしようとして余計に手間がかかってしまったのでした。
またダンボールをぎゅうぎゅう詰めにしたのも同じことで、あまりに重過ぎてスムーズに運べず、時間が余計にかかってしまいました。
やはり素人だけでの引越しはいろいろと至らないことばかりで、ようやく荷物を運び終えた時にはぐったりと疲れてしまった私でした。

健康法