» 2015 » 9月のブログ記事

数年前までは、引越しなんて自分でできない事だと思っていたのですが、一度引越し業者に依頼して引越しを経験してしまうと、その仕事内容を確認する事ができると、自分でもできる事が分かってきます。

ポイントになるのは、車に乗るか乗らないかギリギリの道具が大丈夫かどうかを確認する事です。高いサイズの家財道具は、計測してみても180センチ程度だと思うので、このサイズを出来れば立てた状態で積載できる車を確保すれば良いということになります。

146b89a20afa0059f0bee0dc204abec3_s

そうなってくると、荷台があるトラックなどが望ましく、屋根のあるワンボックスカーのような車の場合には、冷蔵庫がネックになってしまいます。冷蔵庫は真横に寝かせてはいけない電化製品であり、ある程度斜めであっても立てておく必要があるのです。

そんな事があるので、家財道具を最初にチェックすれば、積載可能かどうかが分かります。それが無理そうなら、頑張らずにトラックを借りて引越しをやってしまった方が手軽だと思います。

以前に、友人達を数名呼んで何台かのマイカーに分けて芋と積み込んだことがありますが、現場に複数台の車を横付けする必要があったりと、何かと面倒なので全てを一度に積載できるトラックを1台用意する方が合理的なのです。

引越しを手際よくするために→失敗しない引越しのコツ

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

私が住むマンションの隣の部屋に、一組のカップルが引越してきました。まだまだ若くて、二十歳くらいだと思います。
でも挨拶にも来ていないのでわかりません。結婚はしていなくて、同棲だと言う事も聞いたのです。表札には名字が二つ並んでいるのです。それを見て、どんな人なのかもっと気になったのです。
でもとても静かです。昼間も夜も、ずっと家にいるのにとても静かなのです。物音ひとつしないのです。
一回エレベーターで一緒になった事があります。私が挨拶をしても、返事もありません。目も合さないのです。本当に変わったカップルだと思っていたのです。
そして翌日には、何と赤ちゃんを抱いていました。二人の子供みたいです。結婚していないのに、子供が生まれたのです。その翌日には、幼稚園くらいの子供と一緒にいたのです。
この子供は一体何なんでしょう。とても気になりますが、よその家庭なので口をはさむ事はしないほうがいいでしょう。
それ以来、もっと気になってしまっているのです。いっその事、家族構成を聞きたいくらいです。いっその事、もっと仲良くなって一体何がどうなっているのか根掘り葉掘り聞いてみたいのです。
ただのカップルではない人たちが、引越しをしてきてくれたのです。

健康法