» 引越しの工夫のブログ記事

私は前回引越しをしたときは、お皿やグラスなどの割れやすい食器の荷造りを担当しました。家族全員で役割分担を行い、効率よく作業を進めていったのです。
割れ物を荷造りする時はただただダンボールに詰めればいいというわけではありません。少しの衝撃でもひびが入ったり割れてしまう可能性があるため、衝撃を和らげる工夫が必要となってきます。
私が行った工夫というのは割れ物を新聞紙などの紙類で包むことでした。一枚の紙を使って包むのではなく、何枚か重ねて包んでいきました。運んでいる途中で解けてしまわないようガムテープでしっかりと補強を行ったのです。
そして割れ物を入れるダンボールの底にも紙類を敷き詰めていったのです。敷き詰めた紙の上に割れ物を載せ、その周りにも紙類を敷き詰めていきました。さらにスポンジ類で割れ物の周りを補強したりと、万全の状態で挑んだのです。
このぐらい力を入れて割れ物を補強していけば、ちょっとぐらいの衝撃には耐えられるはずです。もちろん運ぶ時には衝撃を与えないよう慎重に運んでいきます。
私はこの一連の作業を割れ物全部に行っていったので、全ての荷造りを終えるまでの数日ほどの時間を要してしまいました。しかしそのおかげで割れ物を一つも割らないで済んだので良かったです。

健康法