数年前までは、引越しなんて自分でできない事だと思っていたのですが、一度引越し業者に依頼して引越しを経験してしまうと、その仕事内容を確認する事ができると、自分でもできる事が分かってきます。

 

ポイントになるのは、車に乗るか乗らないかギリギリの道具が大丈夫かどうかを確認する事です。高いサイズの家財道具は、計測してみても180センチ程度だと思うので、このサイズを出来れば立てた状態で積載できる車を確保すれば良いということになります。

 

146b89a20afa0059f0bee0dc204abec3_s

そうなってくると、荷台があるトラックなどが望ましく、屋根のあるワンボックスカーのような車の場合には、冷蔵庫がネックになってしまいます。冷蔵庫は真横に寝かせてはいけない電化製品であり、ある程度斜めであっても立てておく必要があるのです。

そんな事があるので、家財道具を最初にチェックすれば、積載可能かどうかが分かります。それが無理そうなら、頑張らずにトラックを借りて引越しをやってしまった方が手軽だと思います。

以前に、友人達を数名呼んで何台かのマイカーに分けて芋と積み込んだことがありますが、現場に複数台の車を横付けする必要があったりと、何かと面倒なので全てを一度に積載できるトラックを1台用意する方が合理的なのです。

引越し料金を節約するために→引越し 単身 料金 激安

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

健康法