女性 笑顔 花占い白髪染めは種類により持続期間が違っています。
長ければ長いほど染め直していく手間がはぶけますから、少しでも長持ちする方法で染めれば
手間が減って、髪へのダメージが少なくできます。

一番効果が長く続くのはヘアカラーですが、毎日のシャンプーでの色落ちがないですから、
染めた時点とおなじような状況の色が持続できる期間は約2か月程度となります。
ですがその2か月の間に生えてきた新しい白髪は放置してしまえば、根元のみ白いままですから、
しっかりと染めていきたいな方は、別の方法で部分染めするなどの方法を利用すれば髪へのダメージが少なくなるでしょう。

ヘアマニキュアはヘアカラーと違って、脱色しないで、毛髪の表面から染料を浸透させていきます。
シャンプーで色落ちをするので、持続期間は約2〜3週間程度となります。
持続期間はおよそ半分ですから、ヘアカラーのほうが断然効果があるのですが、
染める手間がヘアカラーよりもマニキュアのほうが楽であり、カラーを変えたいときは、
全体の白髪染めの効果が薄れてきていますから、気分により全体のカラーを変えてみたいときは、適した方法なのです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

健康法